福岡県訪問入浴 | 介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

こんな疑問・質問が多いです!

介護職に運転免許は必要ですか?
30代のアラフォーの独身女性です。
高齢者がすきなことから、介護職に興味を持っています。
求人をみると、普通運転免許が必要と書かれたものを見かけます。
応募するなら夜勤がある有料老人ホームや特養などを考えていますが、このような施設でも普通運転免許は必要なのでしょうか。
運転が得意じゃないので、ご利用者を乗せたりしたくはありません。
介護職の経験があるみなさんから運転免許が必要かどうかを聞きたいです。よろしくお願いします。

運転免許を持っていない私でも働ける?
今日、求人誌を見て某大手人材派遣会社が経営するデイサービスに応募の問い合わせをしました。
求人票には必要な資格の欄に何も書かれておらず、運転免許を持っていない私でも働けると思い連絡した次第です。
しかし返ってきた返事は、「求人票には何も書かれていませんが、男性の場合、運転免許を持っていて送迎が出来る人でなければ応募はできません」というものでした。
女性ならば免許がなくてもOKだと。
私は経験がトータルで4年近くありますが、それも全く関係なく、完全な門前払いでした。
専門に運転手を雇えるデイなど非常に限られていることは百も承知です。
しかし、ならば求人票に「要普通免許」と一言書けば済む話ではないでしょうか。
また、男性の場合免許がなければ駄目で、女性はなくても平気とは、男女雇用機会均等法という観点からもおかしくないですか?
4年もデイで働いてきた経験が全く何の意味も為さないというのも驚きました。
運転免許は必要、しかし介護の資格(その事業所はヘルパー2級さえ必要なし)や経験は必要ない、これでは完全な「運転手」ではないですか。
このところそういったデイが増えているように思いますが、こんな状態で果たしていいのでしょうか?

他にも運転免許に関する疑問・質問が多く寄せられています。
回答から申し上げると「運転免許」の有無は関係ありません。
運転免許を持っていても、他人を乗せるのは不安がある方も大勢います。
そして、運転免許が無くても介護のお仕事は他に沢山ありますから安心してください。
あなたの疑問・質問をお話して下さい。
人気の介護施設は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが『介護職運転免許なし求人』で非公開の介護施設の求人募集を探す方法です!

カイゴジョブ申込み

福岡県 介護の取り組み

福岡県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

○医療従事者や訪問介護職員への認知症対応力向上研修等認知症にかかる人材育成【基金】
○看取り研修等看護職に対する介護教育【基金】
○口腔管理に配慮したケアプラン作成等介護支援専門員に対する技術向上事業【基金】
○地域包括ケアシステム構築のための人材の育成・資質向上【基金】

⇒介護における介護職、医療従事者、介護支援員等の、それぞれの役割に応じた研修を行うことにより、介護の質向上と地域包括ケアシステムの構築を図る。

その他の「資質の向上」の取組

○成年後見人の養成及び活動を支援【基金】
○作業療法士が介護予防推進指導者となるよう人材育成研修【基金】

⇒●市民後見制度の体制整備や介護予防に資する人材を育成することにより、地域包括ケアシステムの構築を推進する。

人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

【現状】
行政、関係機関・団体等で構成する協議会の設置準備

【今後】
H28年度事業として検討予定

高齢者を支える医療・介護サービスの確保

介護予防の拠点から特別養護老人ホーム等の入所施設まで、介護基盤の計画的な整備を進めるとともに、社会福祉法人や医療法人をはじめ、民間事業者の介護サービス事業への幅広い参入を促し、サービス供給体制の確保に努めます。
また、地域包括ケアシステムの構築に不可欠な社会基盤である介護・保健・医療・福祉サービスに従事する人材の養成と確保・定着を行うとともに、高齢者の尊厳を尊重した質の高いサービスを提供できるよう、資質の向上を図ります。
さらに、高齢化が一層進展する中で、介護保険制度を持続可能なものとしていくため、介護給付の適正化に引き続き取り組みます。

サービスの必要量と供給体制の確保

介護保険対象サービスの必要量の見込み(介護給付を行うサービス)

介護給付を行うサービスには、在宅の要介護者を対象とする居宅サービスや、介護保険施設の入所者を対象とする施設サービス、原則として当該市町村の住民のみが利用できるサービスで、利用者が可能な限り住み慣れた地域での生活を継続できるようにするための地域密着型サービスなどがあります。

介護保険対象サービスの必要量の見込み(予防給付を行うサービス)

予防給付を行うサービスには、在宅の要支援者を対象に行われる介護予防サービスや、原則として当該市町村の住民のみが利用できるサービスで、利用者が可能な限り住み慣れた地域での生活を継続できるようにするために行われる地域密着型介護予防サービスなどがあります。

介護人材の将来推計と確保・定着、資質の向上

介護人材の将来推計

福岡県の平成37年度(2025年度)における介護人材の必要量を、県内市町村のサービス必要量の見込みを基に推計すると、98,656人となり、平成24年度の約1.4倍となります。

介護人材の確保・定着、資質の向上

○ 関係団体・事業者等と連携し、県民、特に学生・生徒や保護者、教師等を対象に、介護の仕事に対する正しい理解の促進や魅力の発信に取り組みます。
○ 経営者や管理者等の意識改革や経営力・採用力の向上等の取組を支援します。
○ 女性や中・高年齢層、有資格者等の潜在的な人材層について、就労支援や介護実習の場の提供など、その就業や復職を支援します。
○ 福祉人材センターや福祉人材バンク、ハローワーク、人材養成施設、福祉系高校等と一層の連携を図り、介護人材の参入を促進します。
また、市町村が元気高齢者などを生活支援の担い手として育成できるよう支援します。
○ 関係団体や事業者等と連携して、経営者や管理者等のマネジメント能力の向上や雇用管理改善など働きやすい職場づくりを支援します。
○ 事業者による多様な人材に対応したキャリアパスの整備等を支援します。
○ 複数の小規模事業所の連携・協力による研修体制の構築や人事交流の促進など、小規模事業所の職員のキャリア向上のための環境整備を支援します。
○ 行政、介護事業者、事業者団体、職能団体、人材養成施設、職業・人材紹介機関、学校等が問題意識や取組の方向性を共有し、相互に連携・協力して、介護人材の育成、確保・定着、資質の向上を計画的・一体的に取り組むためのネットワークの構築を図ります。

介護サービス等の質の向上

○介護支援専門員の専門性や資質の向上、適切なケアマネジメントの提供を図るため、各種研修を実施します。
○地域包括ケアシステムの構築に資するよう、介護・保健・医療・福祉サービス間の連絡調整、介護支援専門員に対する助言・指導等を行う「主任介護支援専門員」の養成を行います。
○県工業技術センターにおいて、利用者の特性や使用環境を踏まえた快適に利用できる福祉用具の研究開発に努めるとともに、平成 26 年7月に設立した「ふくおか医療福祉関連機器開発・実証ネットワーク」のもと、医療福祉現場のニーズに基づいた新たな医療福祉機器の開発を推進します。
○利用者やその家族などからの様々な苦情に適切に対応し、サービスの適正化が図られるよう、保険者(市町村等)を支援するとともに、介護サービス事業者等に対して必要な助言・指導を行います。
○介護保険審査会を運営し、要介護認定や保険料等の徴収金に関する処分等に係る審査請求の審理、裁決を行います。
○利用者による介護サービス事業者の適切な選択に資する情報はもとより、新たに追加される従業者に関する情報やお泊りデイサービスに関する情報が円滑に公表され、有効に活用されるよう、介護サービス事業者や関係機関との連携に努めるとともに、県民への制度の周知を図ります。

介護給付の適正化

○ 保険者と連携し、高齢者の運動機能や栄養状態等の改善など介護予防の取組を推進します。
○ 保険者と連携し、高齢者が介護を「する側」としても活躍するなど、役割や生きがいを持って生活できる居場所と出番づくり、高齢者が集う「多様な通いの場」づくり、リハビリテーション専門職等を活かした自立支援の取組等を推進します。
○ 保険者と連携し、介護認定審査会委員や認定調査員、主治医に対する研修に取り組むとともに、認定審査アドバイザーの派遣や認定審査セミナーなど、介護認定審査会や保険者への助言・指導を行います。
○ 国民健康保険団体連合会の介護給付適正化システムを活用した保険者による効果的なケアプランチェックを支援します。
○ 介護支援専門員に対する指導力を強化するため、保険者や地域包括支援センターの職員を対象に、ケアプランチェック指導研修等を実施します。
○ 法令を遵守した適正なサービスの提供及び介護報酬の請求が行われるよう、介護サービス事業者に対する集団指導や実地指導を実施します。
○ 保険者の指導・監査技術の向上を図るための研修等、介護サービス事業所に対する指導力の強化に取り組みます。

40歳以上の介護士・ヘルパーの転職・就職求人情報!

このサイトでは、年齢を気にせず介護士・ヘルパーの求人情報を探せます。
紙の求人票やインターネット検索で公開される求人情報だけではなく、好待遇の非公開求人情報もご紹介して、あなたの介護職への転職・就職に役立つ情報を提供します。


40代以上だとハロワで就職・転職活動は難しい?

40歳以上になると、ハロワでの介護職・ホームヘルパーのお仕事探し大変ですよね。

40代以上だと、就職・転職活動が久しぶりという方も多いと思います。

就職・転職活動をすべてを1人でやらないといけないとなると、不安ですよね。

・ハローワークの介護の求人情報は、自宅でもインターネット検索できます。でも、そのためには1度ハローワークで手続きをしないといけません。

・しかも、応募する時には、またハローワークまでいかないといけません。

・求人を見つけて応募しようとすると、また番号札を取って順番を待って・・。紹介状をいただいて・・・と待ち時間だけでもかなりを要します。

・履歴書の書き方、面接の仕方のセミナーは開催されていますが、「介護」に特化したものではありません。


これでは時間と労力がかなり奪われてしまいます。

就職先で力を出したいのに、就職活動で力を吸い取られる感じがしていませんか。

40歳代は要注意!紙の求人情報では介護施設の雰囲気は分からない!

ハローワークの求人票から、どれだけの情報が分かるでしょうか。

40歳代以上なら、なるべく最後の職場にしたい・・という方も多いと思います。
その場合、希望条件は、スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、というソフト面を優先したいですよね。

しかし、求人票からはソフト面は読み取ることができません。

唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
ですが、面接の前に知っておきたいですよね。



ハロワにはない情報満載!介護士・ヘルパーの好待遇・高給料の求人情報はここにある!

40歳代、50歳代におすすめの好待遇・高給料の求人情報を探す場合、2つの方法があります。



1、求人サイトに登録して、ハローワークにはない情報を見る。

無料の求人サイトに登録して、希望条件等を入力して情報を検索、見合う求人を見つけたら応募する、という流れです。
1人で求人情報を検索したい方、お急ぎではない方におすすめです。

2、転職・就職支援サイトに登録して、転職エージェントと一緒に就活や転職をする

ソフト面の情報が欲しい時は、介護業界で長年転職・就職活動やパート・アルバイト探しのサポートをしているプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。
また、求人情報の提供だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。
就活や転職を急いでいる方、一生の職場を探している方、慎重に選びたい方におすすめです。


おすすめの、求人サイト、転職支援サイトはこちらで紹介しています


仕事を探す人には大きなチャンス

高齢化が進むにつれ、介護の問題が注目されています。

特に、ケアマネージャーの需要は年々非常に高まっています。

しかしながら、需要に供給がなかなか追いつかない状況です。

こういった問題は、さらに継続すると見込まれており、ケアマネージャーの求人には行政も注目しています。

逆に言えば、仕事を探す人にとっては、大きなチャンスでもあります。

今後さらに需要が見込まれる職場で働くことは、働きがいにも繋がります。

また、最近では、ケアマネージャーの求人を拡大するため、市町村が多くの支援を推奨しています。

求人情報を市町村が支援して広めているところもあります。

もちろん、ケアマネージャーになるためには多くの努力が必要ですし求人情報を見て応募したからといって簡単になれるものではありません。

特に、資格を取得するためには、実務と多くの経験が必要です。しかしながら、しっかりと努力した人には、働きがいと多くのメリットが持たされることは言うまでもありません。

介護士パート求人から読み取れること

介護士パート求人に限らず仕事を探す場合には、ネットで求人サイトを調べたり、ハローワークや求人誌などを見て探すという場合が多いですよね。

フリーペーパーや新聞の求人欄をご覧になる方も多いかも知れません。

それらを見ていると、何度も同じ施設や会社などの求人が出ている場合がありませんか?

「これ前もここの求人が出ていた」と日付が過ぎても頻繁に求人募集がされている場合は、その施設などでの離職率が高い可能性もあるようです。

現在、介護職員はどこも人材が不足している状態ですので、資格が無くても働けるという所も少なくありません。

いわゆる「売り手市場」という状態ですから、求人ニーズの方が高い状況で、転職回数が多くても仕事が見つかる状況なんだそうです。


介護職で勤務するという場合、これからも介護施設などで仕事を続けていこうと考えている場合には、介護職員初任者研修を持っている方が良いですね。

またゆくゆくは正社員になりたいという場合には、介護福祉士の資格を持っていると転職などにも有利になってきます。

実際、介護スタッフとして働きつつ、資格取得のための勉強をされている方も多いです。


先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。

簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

ページの先頭へ