茨城県ヘルパー | 介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

こんな疑問・質問が多いです!

介護職に運転免許は必要ですか?
30代のアラフォーの独身女性です。
高齢者がすきなことから、介護職に興味を持っています。
求人をみると、普通運転免許が必要と書かれたものを見かけます。
応募するなら夜勤がある有料老人ホームや特養などを考えていますが、このような施設でも普通運転免許は必要なのでしょうか。
運転が得意じゃないので、ご利用者を乗せたりしたくはありません。
介護職の経験があるみなさんから運転免許が必要かどうかを聞きたいです。よろしくお願いします。

運転免許を持っていない私でも働ける?
今日、求人誌を見て某大手人材派遣会社が経営するデイサービスに応募の問い合わせをしました。
求人票には必要な資格の欄に何も書かれておらず、運転免許を持っていない私でも働けると思い連絡した次第です。
しかし返ってきた返事は、「求人票には何も書かれていませんが、男性の場合、運転免許を持っていて送迎が出来る人でなければ応募はできません」というものでした。
女性ならば免許がなくてもOKだと。
私は経験がトータルで4年近くありますが、それも全く関係なく、完全な門前払いでした。
専門に運転手を雇えるデイなど非常に限られていることは百も承知です。
しかし、ならば求人票に「要普通免許」と一言書けば済む話ではないでしょうか。
また、男性の場合免許がなければ駄目で、女性はなくても平気とは、男女雇用機会均等法という観点からもおかしくないですか?
4年もデイで働いてきた経験が全く何の意味も為さないというのも驚きました。
運転免許は必要、しかし介護の資格(その事業所はヘルパー2級さえ必要なし)や経験は必要ない、これでは完全な「運転手」ではないですか。
このところそういったデイが増えているように思いますが、こんな状態で果たしていいのでしょうか?

他にも運転免許に関する疑問・質問が多く寄せられています。
回答から申し上げると「運転免許」の有無は関係ありません。
運転免許を持っていても、他人を乗せるのは不安がある方も大勢います。
そして、運転免許が無くても介護のお仕事は他に沢山ありますから安心してください。
あなたの疑問・質問をお話して下さい。
人気の介護施設は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが『介護職運転免許なし求人』で非公開の介護施設の求人募集を探す方法です!

カイゴジョブ申込み

茨城県 介護の取り組み

高齢者福祉の変遷と在宅介護の現状

高齢化の進展と高齢者福祉の変遷
まず、高齢化の状況と介護保険制度が導入されるまでの高齢者福祉の経緯についてみていく。
高齢者数は戦後一貫して増加
全国ベースのデータで、戦後から現在、及び将来の年齢3区分別人口の変化と、現在及び将来の世帯数の推計を確認する。
65歳以上の高齢者数は、45年の370万人から一貫して増加しており、12年は3,028万人で、総人口に占める割合(高齢化率)も45年の5.1%から23.7%へ上昇している。
団塊世代が全て65歳以上に達する15年には高齢者数は3,395万人(26.8%)、30年には3,684万人(33.4%)に増加すると予測されている。
65歳以上の高齢者がいる世帯(高齢者世帯)は、10年は1,568万世帯と全世帯の31.1%を占め、15年には1,802万 世 帯(35.6 %)、30年には1,903万世帯(38.9%)に達すると見込まれる。
また、高齢者世帯のうち、単独世帯と夫婦のみの世帯の割合が、05年 の62.8 % か ら15年 に は64.4 %、30年には67.6%へ上昇すると予測される。
単独世帯及び夫婦のみの高齢者世帯数が増加することで、独居老人の見守りや老老介護などの問題が顕在化している。

高齢者福祉は施設介護から在宅介護へシフト
1950年代に入ると、戦後の混乱が落ち着くとともに中高年齢層の死亡率が低下し、高齢者福祉対策の必要性が高まった。
63年、特別養護老人ホームなどの設置を定めた老人福祉法が制定され、高齢者福祉の体系的な整備がはじまった。
70年代には、ショートステイやデイサービスなど、施設を中心に福祉サービスは徐々に充実していく。
90年代に入ると、高齢化や核家族化が急速に進展し、家庭内での介護の担い手不足による介護ニーズ増大などから、国は94年に「新ゴールドプラン」を策定し、ヘルパー数や訪問看護ステーションの設置目標などを明示、在宅介護への転換が図られた。
そして00年には、介護保険制度が導入された。
新しい社会保険である介護保険制度は、「措置」制度から、利用者と事業者との「契約」となり、利用者は主体的に介護サービスを選択できるようになった。
以後、在宅介護サービスを中心に民間事業者の参入が進んだ。

国・県の高齢者福祉の施策
国及び県における、直近の高齢者施策を整理する。
国:在宅を中心とする介護サービスの質と量の向上を企図
国(内閣府)では、本年9月に「高齢社会対策大綱」を策定した。
介護サービスの充実のため
①必要な介護サービスの確保
②介護サービスの質の向上
③認知症高齢者支援施策の推進の3点を基本的施策に掲げている。
具体的には、在宅介護を中心とした介護サービスの拡充、在宅医療、訪問看護サービスの利用者数の増加を目標に掲げている。

県:在宅介護を中心とする地域包括ケアシステムの推進
茨城県では、本年3月に「いばらき高齢者プラン21」を策定している。
プランでは、「健康づくり・生きがいづくりの推進」、「利用者本位の介護サービスの充実」、「認知症への対応と高齢者の尊厳の保持」、「地域包括ケア体制の推進」の4点を施策の柱に掲げている。
県は、茨城型地域包括ケアシステム(保健・医療・福祉の関係機関やボランティア、近隣住民等が連携し高齢者をケアする仕組み)の確立に向け、市町村毎に関係者間のネットワーク構築の支援を図っている。
具体的には、介護職員数や認知症サポーターの増加、見守りネットワーク構築市町村の増加などを数値目標に掲げ、啓発事業やフォーラムの開催を通じて高齢者が地域で暮らし続けることのできる環境づくりを目指している。

最新の介護保険制度の概要・改正
ここで、介護保険の対象者など介護保険制度の概要と、本年度の制度改正について確認する。
被保険者を2種類に区分
介護保険制度は、40歳以上を被保険者とし、65歳以上の第1号被保険者と40歳以上65歳未満の第2号被保険者で区分され、それぞれ保険料負担や賦課・徴収方法が異なっている。
介護サービスの利用者は利用料の1割を負担し、残りの9割は税金と保険料から支給される。限度額を超えた場合、その費用については全額自己負担となる。

3種類に分かれる介護保険サービス
介護保険サービスは大きく居宅介護サービスと、施設サービス、地域密着型サービスの3種類に分類することができる。
居宅介護サービスは、訪問介護やデイサービス、ショートステイなどの訪問や通所、宿泊のサービスを指す。
施設サービスは、介護老人福祉施設、介護老人保健施設など施設に入所して受けるサービスを指す。
地域密着型サービスは、認知症の人や中・重度の要介護認定者が身近な地域での生活を継続することができるように、市町村が主体となって提供される介護サービスを指す。

介護保険制度改正により在宅介護サービスが強化
高齢化の進展に伴い、要支援・要介護認定者数が大幅に増加している。
茨城県では、要支援・要介護認定者数は00年度の4万人から、10年度には9万人に倍増している。
介護度別にみると、軽度(要支援1~要介護1)の認定者数は05年以降横ばいとなる一方、高齢期の長期化(75歳以上の人口増加等)を要因に、中・重度(要介護2~5)の認定者数は増加傾向にある。

12年度改正で新たなサービスが創設
介護給付費用など財政負担が重くなるなかで、国は本年4月に介護保険制度を改正した。
改正のポイントとして、在宅介護への一段のシフトを挙げることができる。
具体的には、新たなサービスとして24時間対応定期巡回・随時対応型サービスと複合型サービスを創設し、介護と看護の連携の強化を図っている。
また、介護予防や配食・見守り等の生活支援サービスについても、市町村の判断で提供が可能となっている。
これを受けて12年4月の介護報酬改定では、在宅介護サービスは1.0%のプラス改定となった(施設は0.2%のプラス)。
個別にみると、訪問看護などの単価が増額された一方、デイサービスや訪問介護などの既存サービスについては単価が減額となっている。

在宅介護の現状

介護サービス受給者数の状況
増加する在宅介護サービスの受給者数
要支援・要介護認定者の増加により、県内でも介護サービス受給者数は増加している。内訳をみると、施設サービスの年度毎の延べ受給者数は00年の12万人から、10年度には23万人と約2倍に増加した。
一方、在宅介護サービス(居宅介護サービス及び地域密着型サービス)の年度毎の延べ受給者数は、00年度の21万人から、10年度には69万人と3倍以上に増加した。
また、受給者数、増加率ともに施設サービスの伸びを上回って推移している。
介護給付費(及び予防給付費)についても、全体では、00年度の617億円から10年度には1,500億円と倍増している。
うち、在宅介護サービスの介護給付費は、00年度の187億円から10年度には838億円と4倍以上に増加している。
また、介護サービス全体に占める割合も、00年度の30.3%から10年度には45.5%に上昇している。

在宅介護事業所の動向
次に、県内で在宅介護サービスを提供する事業所の動向について整理する。
デイサービスの事業所が大幅に増加介護保険制度開始後の在宅介護事業所数の推移をみると、デイサービス、訪問介護の事業所数が突出している。
特に、デイサービスの事業所数は、01年4月の162から12年4月には679と4倍以上に増加している。

主要な在宅介護事業は民間が主体
在宅介護サービス別の開設主体をみると、民間(会社)による設立が最も多く56.8%を占めており、社会福祉法人が30.3%で続いている。
特に、訪問介護及び訪問入浴介護では、6割以上の事業者が民間(会社)となっている。

事業所の利益率は改善傾向
全国ベースのデータを用いて、在宅介護事業者の経営状況や事業環境についてみていく。
08年と11年の在宅介護サービス別の経常ベースの利益率を比較すると、09年度の介護報酬引き上げにより、7業種で利益率が改善している。
唯一赤字となっている居宅介護支援(介護認定の申請、介護サービス作成の支援)についても、赤字幅が大幅に縮小している。
個別にみると、11年ではデイサービスが11.6%と最も利益率が高く、以下訪問介護入浴(6.7%)、ショートステイ(5.6%)が続いている。

求人情報からは介護施設の雰囲気までは分からない!

残念ながら、あたながどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。あなたの能力も発揮しにくくなります。

ハローワークの求人情報から、どれだけの内容が分かるでしょうか。
あなたの希望条件が、スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、などなら、求人情報から読み取ることができません。
唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
ですが、面接の前に知っておきたいですよね。

今は求人情報は、アルバイトサイトや転職サイトにたくさん掲載されています。そこで自分で検索しても、やはり施設の雰囲気を読み取るのは難しいです。
そんな時は、介護業界で長年転職やパート・アルバイトのサポートをしている、パート勤務のプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。また、求人情報だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。

福祉住環境コーディネーターの仕事内容

福祉住環境コーディネーター とは

【仕事の内容】
高齢者に特化せず、障がい者に対しても暮らしやすい住環境を整備するためのコーディネートを行うお仕事

①高齢者本人と、その家族の住環境に対し、相談にのり、アドバイスを行う
②ケアマネや工務店、ご利用者さまとの仲介役として連携し、具体的に改善方法を提案し、調整を行う
③施工立会い
④住宅改修の理由書作成 など

【勤務場所】
工務店、福祉用具レンタル店 など

【必要な資格】
福祉住環境コーディネーター(民間資格)

介護職に派遣で働いています!

介護職派遣求人を探している方の多くが、育児・子育てや親の介護などを理由にフルタイムで働けない状況にあります。
中には、ご自分の資格取得やキャリアアップのための時間を捻出するために、一定期間は働く時間をセーブしたいというケースもあります。
それでも「働きたい」「稼ぎたい」という気持ちが強いからこそ、「派遣」という形で働くことを選択されています。

介護の現場で「派遣」として働いている先輩たちの生の声・体験談をご紹介します。

介護職の派遣で働いています!◆子供中心の生活を守りながら、進学費用にも備えたかったんです
中学生の息子が二人います。今後、二人が進学していくことを考えるとお金は貯めたい。でも、部活に受験にと、毎日、子供たちのことに追われる日々で、社員として働くのは無理・・・。
そこで介護専門の転職サービスに相談したのですが、出産前に働いていたキャリアを認めてくれて、いくつかの施設を好条件で紹介してくれました。
今、お仕事しているのはデイサービスなので、夜勤もなく、シフト制で土日にも休みが取れます。
こんなに融通が聞くのに、給与がしっかり常勤並みにもらえるので、お金の不安が解消されて、本当によかったです。
子供の塾の費用や受験にかかる費用も順調に貯金できるようになり、「派遣」を選択して本当によかったです。

◆介護との両立には、派遣の日勤がすごく便利でした!
最近、父の介護が必要になりました。姉も協力してくれますが、姉はお店をやっているのと、3人の子育てであまり関われません。私も収入が必要なので働かないわけにはいかず、介護専門の派遣を紹介してくれるところに登録してみました。
担当者さんがすごく親身になって私の話を聞いてくれて、派遣を決めるときにも心強かったです。
担当者さんとよく話し合い、週4日の日勤のみの有料老人ホームを紹介してもらいました。派遣契約でしっかり帰れるので安心です。元気な高齢者の方が多く、今は仕事が介護の気分転換になっています。

◆初めての業種だから自分に合う施設形態を探せてよかったです。
ずっと勤めていた会社を退職。これからは介護だと思い、ヘルパーの資格を習得しました。でも、いざ働くとなると、色々な施設形態があり、“自分には何が合うのか”がわかりませんでした。
派遣という働き方は、さまざまな職場にトライできるのがいいところ。個人での転職活動は情報収集したり条件交渉したりと何かと面倒だと思いますが、介護専門の転職サービスに紹介してもらうので、仕事探しがすごくスムーズにできました。
いろんなタイプの施設で経験を積み、今は特養に絞りました。同じ特養でも施設によって雰囲気がかなり違うのが面白くて、今は派遣で色んな職場で働いていきたいと思っています。

先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

ページの先頭へ