熊本県ヘルパー | 介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

こんな疑問・質問が多いです!

介護職に運転免許は必要ですか?
30代のアラフォーの独身女性です。
高齢者がすきなことから、介護職に興味を持っています。
求人をみると、普通運転免許が必要と書かれたものを見かけます。
応募するなら夜勤がある有料老人ホームや特養などを考えていますが、このような施設でも普通運転免許は必要なのでしょうか。
運転が得意じゃないので、ご利用者を乗せたりしたくはありません。
介護職の経験があるみなさんから運転免許が必要かどうかを聞きたいです。よろしくお願いします。

運転免許を持っていない私でも働ける?
今日、求人誌を見て某大手人材派遣会社が経営するデイサービスに応募の問い合わせをしました。
求人票には必要な資格の欄に何も書かれておらず、運転免許を持っていない私でも働けると思い連絡した次第です。
しかし返ってきた返事は、「求人票には何も書かれていませんが、男性の場合、運転免許を持っていて送迎が出来る人でなければ応募はできません」というものでした。
女性ならば免許がなくてもOKだと。
私は経験がトータルで4年近くありますが、それも全く関係なく、完全な門前払いでした。
専門に運転手を雇えるデイなど非常に限られていることは百も承知です。
しかし、ならば求人票に「要普通免許」と一言書けば済む話ではないでしょうか。
また、男性の場合免許がなければ駄目で、女性はなくても平気とは、男女雇用機会均等法という観点からもおかしくないですか?
4年もデイで働いてきた経験が全く何の意味も為さないというのも驚きました。
運転免許は必要、しかし介護の資格(その事業所はヘルパー2級さえ必要なし)や経験は必要ない、これでは完全な「運転手」ではないですか。
このところそういったデイが増えているように思いますが、こんな状態で果たしていいのでしょうか?

他にも運転免許に関する疑問・質問が多く寄せられています。
回答から申し上げると「運転免許」の有無は関係ありません。
運転免許を持っていても、他人を乗せるのは不安がある方も大勢います。
そして、運転免許が無くても介護のお仕事は他に沢山ありますから安心してください。
あなたの疑問・質問をお話して下さい。
人気の介護施設は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが『介護職運転免許なし求人』で非公開の介護施設の求人募集を探す方法です!

カイゴジョブ申込み

熊本県 介護の取り組み

生涯現役社会の実現と多様な担い手による支援体制の構築・活用

主要施策

①高齢者による地域・社会貢献活動の推進
②就労促進の体制整備
③健康づくりの支援
④介護予防・生活支援サービスの推進
⑤高齢者の見守りネットワークの構築
⑥地域リハビリテーションの推進

個別施策

①高齢者の社会参加活動の支援
①高齢者の社会参加に向けた意識啓発・活動の場の提供
①老人クラブ活動の推進(シルバーヘルパーの育成等)
①地域人材による学習支援活動
①高齢者が担い手となる起業化の取組み
②高齢者等の就労支援
②高年齢者雇用の推進
②高齢者が担い手となる起業化の取組み
③シルバースポーツ交流大会(熊本ねんりんピック)の開催
③老人クラブによる健康づくり活動の推進
③高齢者の身体活動・運動の推進
③高齢者の歯・口腔の健康づくり
③農業・農村との連携
③総合型地域スポーツクラブの育成支援
④活動と参加による介護予防の推進
④自立支援のためのケアマネジメントへの支援
④介護サービス事業所に対する支援
④多様な担い手による多様な生活支援サービスの充実
④地域の縁がわづくり
⑤地域の結いづくり
⑤高齢者等の消費者被害の未然防止及び早期救済
⑤災害時の避難行動要支援者の避難支援体制の構築
⑤DCATの体制整備
⑥地域リハビリテーション支援センターによる支援
⑥地域リハビリテーション広域支援センターによる支援
⑥市町村事業へのリハビリテーション専門職の活用

(数値目標)
・高齢者無料職業紹介所を通じた就職者数
・80歳で20本以上自分の歯を有する人の割合
・総合型地域スポーツクラブの会員となっている高齢者数
・生活支援サービスコーディネーター配置数
・高齢者等の消費者被害の未然防止等見守りネットワーク構築市町村数
・市町村の介護予防事業におけるリハ職の関与がある市町村数

住民の希望、地域の実情に応じた多様な住まい・サービス基盤の整備・活用

主要施策

①多様なサービスの整備促進
②個室・ユニットケアの推進
③特養等における看取り及びたんの吸引等医療・看護サービスの推進
④適切なサービスを提供する多様な住まいの確保
⑤中山間地域等における体制づくり

個別施策

①施設・居住系サービスの整備
①地域密着型サービスをはじめとする在宅サービスの普及促進
①「社会福祉法人等による生計困難者等に対する介護保険サービスに係る利用者負担軽減制度」の周知、利用促進
②個別ケアの充実に向けた施設環境の整備
③介護保険施設等における看取りの推進
③在宅での療養を多職種で支援する体制づくり
③介護職員のたんの吸引等の研修
④サービス付き高齢者向け住宅の供給促進
④県営住宅のバリアフリー化
④高齢者向け住まいに関する情報提供の充実
④「ケアプラン点検」を充実させるための支援
④有料老人ホーム等への立入検査等
⑤中山間地域における在宅サービス提供体制づくりへの支援

(数値目標)
・個室ユニット型整備の割合(地域密着型を含む特別養護老人ホーム)
・高齢者向け住まいの供給数(累計)
・県営住宅におけるUD対応住戸の割合

子供中心の生活を守りたい!

・残業はできません
・土日は休みにしたいです
・急な休みも認めてほしいです
・その他、臨機応変に働きたいです


小さい子供がいる場合、残業なし、土日休み、急な発熱でも休めるのか?など自分では直接言いづらい、わがままな条件もコンサルタントが施設側と交渉・確認してくれます。


ハローワークに出向いたり、求人情報誌の情報を探すなど、仕事を探す方法は色々とありますが、直接施設に質問しづらいことがあるケースほど、介護の専門サイト求人に無料登録をして就職活動を進めるほうが、ご自身の負担が少なくて済みます。より良い条件で働くことができれば、仕事に対する意欲も断然高まります。

こうした介護求人の人材紹介会社は、完全無料で利用できます。介護職派遣求人でお仕事探しをされている方は、一度相談されてみてはいかがでしょうか。


介護福祉士の転職・採用・募集状況

介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャーの転職状況

高齢者福祉の求人は現在も多く、介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャー等の介護の仕事に携わる人に取って転職・就職率は高いです。

一時の不況を抜け出し、日本の景気は全体でみるとずいぶん回復してきました。失業率も年々、下がってきています。それでも全産業でみると、有効求人倍率は1.0を切っています。つまり、求職している人の数に対して、求人募集の方が少ないということです。

そんな中、介護分野に限ってみると、有効求人倍率は2014年度で約1.82倍。しかも、2011年の1.31からずっと伸びてきています。これは、働きたい人よりも仕事の方がどんどん増えている、ということ。介護分野は成長産業といえます。

介護の仕事に携わろうと考えている人にとっては、チャンスも多い状況なのです。

しかし、あなたの希望どおりの転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパー等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。

あなたが転職したい介護関連企業に精通した専門家に相談して、転職を成功させるまでサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職が成功するように必要なアドバイスもしてくれます。

他産業に比べ、有効求人倍率が高い介護分野。求職者にとっては、たくさんの仕事に巡りあえるチャンスです。じっくり求人を吟味して、ご自分に向いた仕事、満足のいく転職を実現させたいですね。

介護の勉強のために短期バイトを希望するケースも

現代の高齢化に向けて施設などに入れず、在宅介護をしているという家庭もあります。


自分の両親などもいずれは介護を必要とする、また現在介護しているという方も大勢おり、そのような方が介護についての勉強として短期間介護の仕事をするという方もいます。


またその逆に家族の介護経験を活かして、介護の仕事をする場合もあります。


高齢者以外にも介護を必要としている所は多く、介護士が勤務できる職場というのは色々とあります。


・知的障害者施設
・身体障害者施設
・社会福祉施設

など介護士は、多くの場で活躍が出来る仕事でもあります。


短期・単発で介護の仕事を考えているという場合は、介護士求人サイトや人材紹介サービスですと求人案件も多数あります。


週に1日、2日くらいの勤務を希望されている方も、思った以上に希望条件に該当する介護求人が見つかると思いますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。


先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

ページの先頭へ