新潟県グループホーム | 介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

こんな疑問・質問が多いです!

介護職に運転免許は必要ですか?
30代のアラフォーの独身女性です。
高齢者がすきなことから、介護職に興味を持っています。
求人をみると、普通運転免許が必要と書かれたものを見かけます。
応募するなら夜勤がある有料老人ホームや特養などを考えていますが、このような施設でも普通運転免許は必要なのでしょうか。
運転が得意じゃないので、ご利用者を乗せたりしたくはありません。
介護職の経験があるみなさんから運転免許が必要かどうかを聞きたいです。よろしくお願いします。

運転免許を持っていない私でも働ける?
今日、求人誌を見て某大手人材派遣会社が経営するデイサービスに応募の問い合わせをしました。
求人票には必要な資格の欄に何も書かれておらず、運転免許を持っていない私でも働けると思い連絡した次第です。
しかし返ってきた返事は、「求人票には何も書かれていませんが、男性の場合、運転免許を持っていて送迎が出来る人でなければ応募はできません」というものでした。
女性ならば免許がなくてもOKだと。
私は経験がトータルで4年近くありますが、それも全く関係なく、完全な門前払いでした。
専門に運転手を雇えるデイなど非常に限られていることは百も承知です。
しかし、ならば求人票に「要普通免許」と一言書けば済む話ではないでしょうか。
また、男性の場合免許がなければ駄目で、女性はなくても平気とは、男女雇用機会均等法という観点からもおかしくないですか?
4年もデイで働いてきた経験が全く何の意味も為さないというのも驚きました。
運転免許は必要、しかし介護の資格(その事業所はヘルパー2級さえ必要なし)や経験は必要ない、これでは完全な「運転手」ではないですか。
このところそういったデイが増えているように思いますが、こんな状態で果たしていいのでしょうか?

他にも運転免許に関する疑問・質問が多く寄せられています。
回答から申し上げると「運転免許」の有無は関係ありません。
運転免許を持っていても、他人を乗せるのは不安がある方も大勢います。
そして、運転免許が無くても介護のお仕事は他に沢山ありますから安心してください。
あなたの疑問・質問をお話して下さい。
人気の介護施設は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが『介護職運転免許なし求人』で非公開の介護施設の求人募集を探す方法です!

カイゴジョブ申込み

新潟県 介護の取り組み

新潟県介護人材確保対策について

参入促進

介護職場に対するマイナスイメージの払拭
●介護の魅力情報発信事業【新規】
①県内全域の小中高校訪問、職場体験
②介護技術コンテスト開催
③介護事業所の動画作成→YouTube等で配信

介護福祉士養成校の学生確保・ 若者、教師、親の理解促進
●介護の魅力情報発信事業【新規】
①県内全域の小中高校訪問、職場体験
②介護技術コンテスト開催
③介護事業所の動画作成→YouTube等で配信
○介護福祉士等修学資金貸付事業【拡充】
学費、準備金等(5年の就業で返済免除)の貸付

新規参入の促進
・ 担い手のすそ野の拡大
・ マッチング機能の強化
・ UIターンの促進

●新規参入者向け資格取得支援事業【新規】
就職予定者の初任者研修資格取得のための経費を補助
○介護人材マッチング支援事業【拡充】
福祉人材センター職員を2名増員→上中越地区の活動強化
●ひとり親家庭等介護就業モデル事業【新規】
・市町村と協働した施策パッケージ
・引越費用15万円、就職準備金10万円(1年の就業 が条件)

潜在有資格者の掘り起し
・ 潜在有資格者の再就職支援

●潜在介護人材再就職準備金貸付事業【新規】
20万円(2年の就業で返済免除)の貸付
○潜在的有資格者等養成支援事業
潜在有資格者の再就業講習会の開催

離職防止

労働環境の改善
・ 介護ロボット等の普及
・ 事業所への助言

●介護ロボット導入支援【新規】
介護職員の負担軽減等を図るため、介護ロボットの導入を支援
○介護人材マッチング支援事業【拡充】
社会保険労務士や弁護士による専門相談

キャリアアップの支援
・ 職員研修
・ 現任職員の資格取得支援

○キャリア形成訪問支援事業
事業所に対してキャリアアップ形成研修の受講を支援
●現任者向け資格取得支援事業【新規】
現任職員に対して資格取得経費を補助

国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

介護福祉施設の求人情報と就職・転職の進め方

あなたに最も適した介護施設の求人情報がすぐ近くにあるかもしれません。
すぐに介護のお仕事をスタートするつもりではなくても大丈夫です。
どれくらいのお給料なの? どんな雰囲気の施設なの?
知りたい方はこちらの情報がおすすめです。

介護職は、今後もニーズが高まる仕事です。

人口の逆ピラミッドからも分かるように、今後は介護職はなくてはならないものであり、どんどん需要が増えていくことでしょう。
また、介護職に携わっていれば資格や技能も活かせますし、長く続けるほど、資格が増えキャリアアップが図れます。

せっかくの転職ですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設に就職・転職したいですよね。
ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、多角的にみて就職・転職先を見つけるのは困難です。

介護福祉施設に直接聞きにくいことを聞けるのはこちら

介護福祉施設に、直接求人があるかどうか聞くのって勇気がいりますよね。

・お給料
・職員さんの雰囲気
・お休みがどれくらい保障されているか
・福利厚生
など、聞きたいことはたくさんあると思います。

しかし、こちらの都合ばかりを言ったり質問したりするのも、気がひけませんか。

それに、介護福祉施設の方はなるべくたくさんの方に面接をしてもらいたいので、自分の施設にとって都合が悪いことは伝えないでしょう。

そんな時はこちらで思う存分聞いて、納得のいく転職・就職をしてください。
無料で利用できます。

精神保健福祉相談員の勤務先

精神保健福祉相談員 とは

【仕事の内容】
精神障がい者の社会復帰や社会参加の支援を行うお仕事

①就職活動の助言、職場生活のアドバイスなど各種助言や情報提供を行う
②各種支援事業に関する手続き、地域福祉の計画立案、地域にへの社会復帰プログラムや支援ネットワークの構築
③心神喪失などにより犯罪行為を行ってしまった精神疾患者の社会復帰プログラム作成など
※精神保健福祉相談員は保健所などで働く公務員であるため、公務員試験への合格も必要となるが、求人としては、医療機関、介護・福祉施設からのニーズも増えています。

【勤務場所】
医療機関、自立訓練事業所、ケアセンター、保健所、精神保健福祉センター など

【必要な資格】
精神保健福祉士(国家資格)

未経験OKの介護職とは?

未経験だけど介護職員として働きたい!
でも、就職や転職・再就職の時には、「未経験でもOKの職場なんてあるのかな」「初心者でも転職できるかな」「うまくいくかな」「いい職場で働けるかな」「この職場に決めてしまって大丈夫かな」など、誰でも迷ったり不安になったりするものですよね。

そんな時はあなた1人で悩んでいるよりも、転職・就職など求人のプロに直接アドバイスしてもらった方がうまくいくことが多いのでオススメです。

転職・就職求人のプロに、未経験OKや初心者でも歓迎してくれる職場の求人情報を探しているあなたのサポートをしてもらってみてはいかがでしょうか?

きっと、あなた1人で探すよりも、希望の条件にピッタリの転職・就職先が見つかります。

プロのアドバイスを受けながらの転職・就職活動なら、介護職員として未経験でも、経験の浅い初心者でも、希望どおりの職場を見つけることも十分可能です!

先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

ページの先頭へ