岡山県病院 | 介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

こんな疑問・質問が多いです!

介護職に運転免許は必要ですか?
30代のアラフォーの独身女性です。
高齢者がすきなことから、介護職に興味を持っています。
求人をみると、普通運転免許が必要と書かれたものを見かけます。
応募するなら夜勤がある有料老人ホームや特養などを考えていますが、このような施設でも普通運転免許は必要なのでしょうか。
運転が得意じゃないので、ご利用者を乗せたりしたくはありません。
介護職の経験があるみなさんから運転免許が必要かどうかを聞きたいです。よろしくお願いします。

運転免許を持っていない私でも働ける?
今日、求人誌を見て某大手人材派遣会社が経営するデイサービスに応募の問い合わせをしました。
求人票には必要な資格の欄に何も書かれておらず、運転免許を持っていない私でも働けると思い連絡した次第です。
しかし返ってきた返事は、「求人票には何も書かれていませんが、男性の場合、運転免許を持っていて送迎が出来る人でなければ応募はできません」というものでした。
女性ならば免許がなくてもOKだと。
私は経験がトータルで4年近くありますが、それも全く関係なく、完全な門前払いでした。
専門に運転手を雇えるデイなど非常に限られていることは百も承知です。
しかし、ならば求人票に「要普通免許」と一言書けば済む話ではないでしょうか。
また、男性の場合免許がなければ駄目で、女性はなくても平気とは、男女雇用機会均等法という観点からもおかしくないですか?
4年もデイで働いてきた経験が全く何の意味も為さないというのも驚きました。
運転免許は必要、しかし介護の資格(その事業所はヘルパー2級さえ必要なし)や経験は必要ない、これでは完全な「運転手」ではないですか。
このところそういったデイが増えているように思いますが、こんな状態で果たしていいのでしょうか?

他にも運転免許に関する疑問・質問が多く寄せられています。
回答から申し上げると「運転免許」の有無は関係ありません。
運転免許を持っていても、他人を乗せるのは不安がある方も大勢います。
そして、運転免許が無くても介護のお仕事は他に沢山ありますから安心してください。
あなたの疑問・質問をお話して下さい。
人気の介護施設は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが『介護職運転免許なし求人』で非公開の介護施設の求人募集を探す方法です!

カイゴジョブ申込み

岡山県 介護の取り組み

岡山県介護の具体的な取組内容(参入促進)

介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

○ 介護に携わる仕事のやりがいや魅力を伝える講演会等の啓発行事を開催(介護フェア)【基金】
○ 介護や介護職に対する興味・関心を持ってもらうため、中学校・高校で「福祉・介護のしごと出前講座」を実施【基金】

⇒○職業の選択時に介護職も検討される

高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

○介護福祉士養成校の職員が高校等を訪問し、学校の紹介とともに、介護の仕事についてその魅力等について説明。【基金】

⇒○職業の選択時に介護職も検討される

その他の「参入促進」の取組

○介護の職場を実際に知ってもらうために職場体験事業を実施(3~10日間) 【基金】
○介護の職場を実際に見てもらうための福祉のしごと職場見学ツアーを実施。
バスで一日に2カ所の福祉の事業所を訪問し見学、職員や利用者とも交流する。(5コース) 【基金】

⇒○職業の選択時に介護職も検討される

岡山県の人口構成の変化

岡山県の高齢者人口

今後、0歳から14歳までの年少人口と15歳から64歳までの生産年齢人口が減少する一方で、65歳以上の高齢者人口が増加し、高齢化率は平成32年に30.5%になり、その後も30%台が続きます。

高齢者のみの世帯数

平成22年の国勢調査をもとにした世帯数の推計によると、本県の高齢者の単独世帯数は平成32年(2020年)にかけて急速に増加し、平成37年(2025年)に10万世帯に達した後も緩やかに増加し続けます。

要支援・要介護認定者数

岡山県において、要支援認定又は要介護認定を受けている者(要支援・要介護認定者)の数は、10万9千人(平成25年度末)で、その内訳は、97.9%が65歳以上の第1号被保険者、2.1%が40歳から64歳までの第2号被保険者となっています。

介護給付等対象サービスの利用状況

介護給付及び予防給付対象サービス(介護給付等対象サービス)に係る費用は、利用者の増加等により平成12年度の678億2千万円から、平成25年度の1,553億7千万円と2.3倍になっています。

岡山県介護今後の課題

今後、岡山県の後期高齢者は増加し、高齢者のみの世帯も増加することから、次のような状況が見込まれます。

① 要支援・要介護認定者の88.6%が後期高齢者である現状を踏まえると、今後、さらに要支援・要介護認定者が増加します。

② 要支援・要介護者の58.1%が「認知症高齢者の日常生活自立度」がⅡ以上であり、年齢が高くなるほどその割合が高くなる現状を踏まえると、今後、さらに認知症高齢者が増加します。

③ 食事づくり、買物、金銭管理、ごみ出しなどの生活管理は、一般的に家族が共同して行っていることを踏まえると、日常生活に支障を来し、生活支援の必要な高齢者が増加します。

さらに、
④ 要支援・要介護状態や認知症の高齢者の増加により、介護サービスの需要が増大しますが、生産年齢人口の減少で産業全体の労働力が低下する中、介護人材が不足します。

⑤ 介護サービスの利用者の増加等によりサービスに係る費用が増加し、被保険者の保険料負担と市町村や県の公費負担が重くなります。

計画の目標

○在宅医療と介護の連携の推進
○認知症施策の推進
○生活支援と介護予防の推進
○高齢者の住まいの安定確保
○介護人材の確保
○在宅サービスの充実・強化

在宅医療と介護の連携の推進

高齢者が可能な限り、住み慣れた地域で日常生活を継続しながら、必要な医療と介護が受けられるよう、医療・介護関係団体の協働のための合意形成や市町村の取組を支援します。

認知症施策の推進

認知症高齢者のさらなる増加が見込まれることから、認知症になっても本人の尊厳が重視され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けることができるように、早期から適切なサービスを受けることができる体制の整備や地域における見守り支援が広がるようにするための市町村の取組を支援します。

地域ケア会議の推進

地域ケア会議は、地域包括ケアシステムの構築に有効な手段となることから、市町村において、地域ケア会議が設置され、個別ケースの検討や地域課題の検討が行われるよう、市町村の取組を支援します。

中重度者を支える在宅サービスの普及促進

中重度の要介護者や高齢者のみの世帯等が増加することから、要介護状態となっても可能な限り住み慣れた地域で継続して日常生活を営むことができるようにするため、毎日複数回の訪問と通いと泊まりの機能を柔軟に組み合わせて、高齢者の日常生活全般を支えるサービスが普及するよう、事業者の新規参入に向けた働きかけを行います。

地域支援事業の推進

介護予防・日常生活支援総合事業(新総合事業)の実施が市町村に義務付けられたことから、市町村の取組が円滑に進むように支援します。

介護予防・生活支援サービスの基盤整備の推進

民間企業、NPO、ボランティア団体等の多様な主体が介護予防・生活支援サービスの担い手となって高齢者の在宅生活を支えることができるよう、生活支援コーディネーターの養成や高齢者等への普及啓発を行うなどを行います。

介護予防の推進

全ての市町村において、住民運営の様々な通いの場が誕生し、高齢者の居場所と出番の創出を通じた介護予防の取組が拡充するよう支援します。

高齢者の住まいの安定確保

高齢者が状態の変化に応じて住まい方を選択できるようにしながら、要介護状態となっても、必要な医療・介護・生活支援サービスを利用して、住み慣れた地域での生活を継続できるように、地域包括ケアシステムの前提となる高齢者の住まいの安定確保に向けた取組を進めます。

転職する時のキャリア査定

転職をするにあたり自分の市場での価値がどのくらいなのかを知ることは重要です。

もちろん、待遇だけが仕事を選ぶ基準ではありませんのであくまで1つの指標として考えてください。
自分の市場での価値をある程度事前に把握して、あとは自分の納得度合いに応じて活動を進めていくというのが客観的な目を持つという意味で重要になると思います。

次の項目は、各施設の給与相場(全国平均給与)のデータになります。

今のあなたのお給料と比較してみると、全国平均給与より高いのか低いのか、ご自分のキャリア査定の目安にもなると思います。

仕事を探す人には大きなチャンス

高齢化が進むにつれ、介護の問題が注目されています。

特に、ケアマネージャーの需要は年々非常に高まっています。

しかしながら、需要に供給がなかなか追いつかない状況です。

こういった問題は、さらに継続すると見込まれており、ケアマネージャーの求人には行政も注目しています。

逆に言えば、仕事を探す人にとっては、大きなチャンスでもあります。

今後さらに需要が見込まれる職場で働くことは、働きがいにも繋がります。

また、最近では、ケアマネージャーの求人を拡大するため、市町村が多くの支援を推奨しています。

求人情報を市町村が支援して広めているところもあります。

もちろん、ケアマネージャーになるためには多くの努力が必要ですし求人情報を見て応募したからといって簡単になれるものではありません。

特に、資格を取得するためには、実務と多くの経験が必要です。しかしながら、しっかりと努力した人には、働きがいと多くのメリットが持たされることは言うまでもありません。

パート勤務するメリット

  • ご主人や子供と向き合う時間を持てる!

    お母さんは家庭の太陽でなければなりません。ご主人も子供も、外では気を使い、責任感を果たしてくたくたになって帰ってきます。家庭が充電場所になっていることが大事です。
  • 子供の成長に合わせて、労働時間を変えられる!

    子供が大きくなると、お仕事できる時間が変わってきます。土日も部活や塾に行き始めると、その間お仕事できるかもしれませんね。
    もっと大きくなると、お母さんがお仕事に行っててもちゃんとお留守番ができるようになります。そうなると、パート勤務ではなくて正社員としてお仕事できるようになるかもしれません。
    その時は、パート勤務で培った経験や知識を活かしてキャリアアップが図れます。
    今はそのための準備期間でもあります。


    ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、などを多角的・総合的に見る目を持っているのは、転職のプロです。
    自分1人で、多角的・総合的に検討するのは困難です。
    プロの力を借りて、スピーディにパート勤務をスタートさせるのがおすすめです。

    先ずは施設を確認して下さい。

    カイゴジョブ申込み

  • 転職支援サイトでの就職・転職成功者の声

    ケアマネージャー 千葉県 (50代前半 女性)

    初めての転職活動で少し不安でした。登録させていただいた一番の理由は、面接に同行していただける点でした。事前に、面接でどのようなことを重視して話をしたらよいかのアドバイスもあり、もちろん会社の情報も前もってインプットしていただき、安心して面接に臨むことができました。ありがとうございました。

    【担当エージェントについて】
    担当のエージェントさんには本当にお世話になりました。
    一番はじめのお電話で私の気持ちをくみ取ってくださり、
    なおかつ自分自身でもよくわかっていない私の適性を判断され、私に合う環境のところをご紹介して下さいました。

    面接で緊張してうまく話せない私に代わって、聞きたいことをお話しして下さって、本当に感謝でした。
    いつも絶妙なタイミングでお電話をくださり、私の気持ちを聞いてくださいました。
    何もかも安心しておまかせすることができたのは、担当者さんのお人柄とふところの大きさのおかげさまだと思います。

    就職してからも少しでも不安なことがあれば、相談できる人がいらっしゃるということは本当に心強く安心です。
    どうかこれからもよろしくお願いいたします。
    本当にありがとうございました。

    ヘルパー 栃木県 (20代 女性)

    他社を使った事がないので比較はできませんがサービス面では特に不満等はありませんでした。

    【担当エージェントについて】
    私からのしつこい質問攻撃にも毎回丁寧に答えて下さってとても感謝しています。
    紹介頂いた職場もきちんと私の希望が反映されてて実際に働きに行くのが楽しみでもあります。
    希望の地域が地域なので求人を探すのも大変だったと思います。

    働きながらの転職活動は思ったよりも大変でしたがサポートがあったからこそ、いくつものやまを越えることができました。
    本当にありがとうございました。
    もうしばらく私からのメール攻撃にお付き合い頂くことになるでしょうがよろしくお願いしますね(笑)

    ケアワーカー 東京都 (50代 男性)

    今回、初めて人材紹介サービスを利用しました。
    あまり期待しないで、インターネットから登録したのですが素早い連絡と希望に沿った案件の紹介に驚きました。
    自分では短時間で幅広く探せませんし、希望の年収などもこちらからはなかなか言い出せないものなので助かりました。

    【担当エージェントについて】
    介護業界という事もあるのでしょうが、一度もお会いしないでいきなり面接同行という方法はかなりびっくりしました。
    大変なお仕事ですね。
    担当者さんは落ち着いていて、感じの良い方だったので安心しました。

    簡単登録で求人確認

    カイゴジョブ申込み

    ページの先頭へ