東京都ヘルパー | 介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

こんな疑問・質問が多いです!

介護職に運転免許は必要ですか?
30代のアラフォーの独身女性です。
高齢者がすきなことから、介護職に興味を持っています。
求人をみると、普通運転免許が必要と書かれたものを見かけます。
応募するなら夜勤がある有料老人ホームや特養などを考えていますが、このような施設でも普通運転免許は必要なのでしょうか。
運転が得意じゃないので、ご利用者を乗せたりしたくはありません。
介護職の経験があるみなさんから運転免許が必要かどうかを聞きたいです。よろしくお願いします。

運転免許を持っていない私でも働ける?
今日、求人誌を見て某大手人材派遣会社が経営するデイサービスに応募の問い合わせをしました。
求人票には必要な資格の欄に何も書かれておらず、運転免許を持っていない私でも働けると思い連絡した次第です。
しかし返ってきた返事は、「求人票には何も書かれていませんが、男性の場合、運転免許を持っていて送迎が出来る人でなければ応募はできません」というものでした。
女性ならば免許がなくてもOKだと。
私は経験がトータルで4年近くありますが、それも全く関係なく、完全な門前払いでした。
専門に運転手を雇えるデイなど非常に限られていることは百も承知です。
しかし、ならば求人票に「要普通免許」と一言書けば済む話ではないでしょうか。
また、男性の場合免許がなければ駄目で、女性はなくても平気とは、男女雇用機会均等法という観点からもおかしくないですか?
4年もデイで働いてきた経験が全く何の意味も為さないというのも驚きました。
運転免許は必要、しかし介護の資格(その事業所はヘルパー2級さえ必要なし)や経験は必要ない、これでは完全な「運転手」ではないですか。
このところそういったデイが増えているように思いますが、こんな状態で果たしていいのでしょうか?

他にも運転免許に関する疑問・質問が多く寄せられています。
回答から申し上げると「運転免許」の有無は関係ありません。
運転免許を持っていても、他人を乗せるのは不安がある方も大勢います。
そして、運転免許が無くても介護のお仕事は他に沢山ありますから安心してください。
あなたの疑問・質問をお話して下さい。
人気の介護施設は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが『介護職運転免許なし求人』で非公開の介護施設の求人募集を探す方法です!

カイゴジョブ申込み

東京都 介護の取り組み

東京都高齢者保健福祉計画

東京都介護保険事業支援計画・老人福祉計画

ポイント
~平成37年(2025年)を目途に、東京の地域包括ケアシステムの構築を目指す~
・平成37年を見据えた中長期的な視点で、介護サービス基盤等の充実を図るとともに、必要な介護人材を確保
・平成27年4月の介護保険制度改正により区市町村の役割が大きくなることなどを踏まえ、区市町村における地域包括ケアシステムの構築を支援
・地域包括ケアシステムを、地域の将来の姿を踏まえた「まちづくり」の中に位置付けていくという視点を明確化

重点分野
1.介護サービス基盤の整備
~住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために~
2.在宅療養の推進
~医療と介護の連携強化による 24 時間の安心を目指して~
3.認知症対策の総合的な推進
~認知症になっても安心して暮らせる東京を目指して~
4.介護人材対策の推進
~質の高い介護サービスを安定的に提供するために~
5.高齢者の住まいの確保
~多様なニーズに応じた居住の場を選択できるように~
6.介護予防の推進と支え合う地域づくり
~「支えられる存在」から「地域を自ら支える存在」へ~

東京都高齢者居住安定確保計画

目標
・高齢者の多様なニーズを踏まえ、賃貸住宅や老人ホームなどの住まいが適切に供給されるよう環境を整備するなど、高齢者が住み慣れた地域で暮らせる住まいを確保
・適切に供給された住まいにおいて、高齢者が安心して日常生活を営むために必要なサービスを提供する体制を整備

目標実現に向けた取組
1.高齢者向けの賃貸住宅・老人ホーム等の供給促進
2.高齢者向け住宅等の質の確保と高齢者の入居支援
3.地域で高齢者を支える仕組みの構築
4.高齢者の居住の安定確保に向けたその他の取組

福祉人材の確保・育成・定着

○高齢化の進展により今後更に増加が見込まれる介護分野をはじめ、保育分野や障害福祉分野などの福祉サービスへのニーズに対応していくためには、福祉人材を安定的に確保し、質・量ともに充足させていく必要があります。

○しかしながら、少子化による若年労働人口の減少に加え、福祉系職種の求人状況は、経済情勢や他の業種の動向に影響されやすく、また離職率の高い職場も多いことから、福祉サービスを支える人材の確保等はますます困難な状況となっています。
都内の平成26年度の介護関連職種の有効求人倍率は4.06倍となっており、全職業の1.37倍を大きく上回っています。

○都は、これまで、福祉の仕事の魅力を発信するとともに、合同採用試験や就職説明会等による採用支援、各種研修による能力向上の促進などを行ってきましたが、このような状況に対応するため、福祉人材の確保・育成・定着に向けた取組を更に進めていく必要があります。

多くの介護施設で転職求人の募集があります

有料老人ホーム・デイサービス・グループホームなど介護の現場では、深刻な人材不足が続いているためにかなりの売り手市場だと言われています。

介護施設への転職をお探しであれば、ご希望の条件で転職できる可能性が高いです。

以下の様な希望はありませんか?

◆今よりお給料のいいところに転職したい。

◆子供が小さいので残業のない職場に転職したい。

◆年間休日の多い大手企業に転職したい。

◆託児所完備の施設で子供を預けながら安心して働きたい。

◆車通勤OKの介護施設で働きたい。

◆資格やスキルを十分に評価してくれる職場に転職したい。

◆自宅から近いエリアで働きたい。

◆社内研修のしっかりした施設で経験を積みたい。

◆正社員として働きたい。

◆将来が展望できるしっかりした会社に転職したい。

◆施設は未経験だけど在宅の経験を活かして転職したい。

◆人間関係が良好でアットホームな職場で働きたい。

◆新規オープンの施設でオープニングスタッフとして働きたい。

◆夜勤手当などの手当が充実している可医者に転職したい。

◆新規オープンの施設でオープニングスタッフとして働きたい。

◆転職支援金がもらえると転職しやすくなる。

そのほかにも、個別の事情やこまかい希望なども人それぞれにあると思いますので、ご希望の条件で転職できるよう求人情報を早めにチェックしてみてくださいね。

ハローワークには出てこない求人情報や、転職活動に役立つ最新情報なども入手できるのでオススメです。

介護施設で介護士不足

全国の介護施設で、介護士不足でたくさんの介護士求人が出ています。

なぜ介護士求人が全国の介護施設でたくさん出ているのか。

それは、身体的にも精神的にもかなりの労働、負担がかかるわりに給料が少ない。

他人の排泄物などの始末をしたくない。

など他にもたくさんの理由があり、イメージ的に悪いイメージが多いように思われています。

確かに、そうかもしれません。私も最初はそうでした。

ですが、介護士も嫌な事ばかりではありまさん。良いところもたくさんあります。

たくさんのお年寄りからたくさんのことを学ぶことだってあります。

介護施設に入所している方々は、大体の方が人生の先輩です。

昔の知恵を教わったりすることもあります。

何より入所している方々のありがとう。の言葉をもらうのがすごくすごく嬉しいのです。

確かに介護士は辛いですが、そのありがとう。の一言や笑顔でその辛さがなくなります。

介護施設で介護士として働くことはとてもやり甲斐があります。

パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。
せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。

先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

ページの先頭へ