鳥取県デイサービス | 介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

こんな疑問・質問が多いです!

介護職に運転免許は必要ですか?
30代のアラフォーの独身女性です。
高齢者がすきなことから、介護職に興味を持っています。
求人をみると、普通運転免許が必要と書かれたものを見かけます。
応募するなら夜勤がある有料老人ホームや特養などを考えていますが、このような施設でも普通運転免許は必要なのでしょうか。
運転が得意じゃないので、ご利用者を乗せたりしたくはありません。
介護職の経験があるみなさんから運転免許が必要かどうかを聞きたいです。よろしくお願いします。

運転免許を持っていない私でも働ける?
今日、求人誌を見て某大手人材派遣会社が経営するデイサービスに応募の問い合わせをしました。
求人票には必要な資格の欄に何も書かれておらず、運転免許を持っていない私でも働けると思い連絡した次第です。
しかし返ってきた返事は、「求人票には何も書かれていませんが、男性の場合、運転免許を持っていて送迎が出来る人でなければ応募はできません」というものでした。
女性ならば免許がなくてもOKだと。
私は経験がトータルで4年近くありますが、それも全く関係なく、完全な門前払いでした。
専門に運転手を雇えるデイなど非常に限られていることは百も承知です。
しかし、ならば求人票に「要普通免許」と一言書けば済む話ではないでしょうか。
また、男性の場合免許がなければ駄目で、女性はなくても平気とは、男女雇用機会均等法という観点からもおかしくないですか?
4年もデイで働いてきた経験が全く何の意味も為さないというのも驚きました。
運転免許は必要、しかし介護の資格(その事業所はヘルパー2級さえ必要なし)や経験は必要ない、これでは完全な「運転手」ではないですか。
このところそういったデイが増えているように思いますが、こんな状態で果たしていいのでしょうか?

他にも運転免許に関する疑問・質問が多く寄せられています。
回答から申し上げると「運転免許」の有無は関係ありません。
運転免許を持っていても、他人を乗せるのは不安がある方も大勢います。
そして、運転免許が無くても介護のお仕事は他に沢山ありますから安心してください。
あなたの疑問・質問をお話して下さい。
人気の介護施設は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが『介護職運転免許なし求人』で非公開の介護施設の求人募集を探す方法です!

カイゴジョブ申込み

鳥取県 介護の取り組み

鳥取県の福祉人材対策

福祉人材に関しては、高齢者福祉、障がい者福祉及び児童福祉の分野において、介護現場等で働く専門職と地域で生活支援等に携わる人材があります。本欄での記載は、高齢者福祉分野を中心に、介護保険サービスに関するデータを掲載します。

なお、医師、看護師や理学療法士などの医療職の人材確保は、まずは医療政策としての対策が主体となりますが、これらの医療職を福祉現場に誘導していくことに関しては、福祉人材対策として整理します。

今後、少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少により、介護人材が不足していくことから介護人材の確保は、団塊の世代が後期高齢者になる平成37(2025)に向け、喫緊かつ社会的要請の強い課題です。

介護・支援に携わる人材を社会全体として確保する取組を進めていかなければいけません。

そのためには、介護人材の量的確保とともに、役割分担を進めることが重要であり、現在、国では「介護福祉士」を専門性の高い人材として位置付けるとともに、このほかの「研修等を修了し、一定の水準にある者」、「在宅・施設で働く上で必要となる基本的な知識・技能を有する者」等と人材層を大別し、機能分化が検討されています。

なお、これら介護専門職には、専門分野のプロとして適正な評価・報酬が得られる仕組みが必要です。

また、住民ボランティア等が、地域の高齢者を支援することも大切であり、介護専門職等の支援を受けて要支援の方を対象とした地域サロンの運営や介護予防、見守り等に協力していくような取組が想定され、元気な高齢者の活躍の場になることも期待されます。

鳥取県の福祉人材を巡る現状【介護職員の確保に関する数値目標】

要介護認定者数は平成24(2012)年から平成37(2025)年に1.21倍になると見込まれます。

現在と同程度の配置のもとに介護を行うとすれば、介護事業所に勤務する職員がさらに約3,500名必要で、内訳としては、介護職員2,096名、看護職員379名、「理学療法士、作業療法士、言語聴覚士」計85名の純増を要します。

介護職員に関し、過去の実績を踏まえ離職率を年間15.0%、同じ介護現場への転職率35.0%を目標値として設定すると、平成37(2025)年に向け毎年150人程度介護職員が純増する必要があり、離職者を踏まえると、介護現場に毎年約1,200人程度の新規参入が求められます。

平成20(2008)年から平成24(2012)年の間には、実績でこの水準を達成していますが、今後2025年までに、64歳以下の人口は18.8%(約7万9千人)程度減少する見込みであることから、介護人材の確保は喫緊の課題と言えます。

介護職へ就職・転職する方。あなたにぴったりの求人情報を探します

介護のお仕事を初めてやってみようと思っている方、また、経験が浅い方、キャリアアップを考えられている方、ともに不安がたくさんあると思います。

最大の不安! それは介護職でいい転職先を見つけられるか!!

介護施設といってもたくさんの種類がありますし、介護職の種類も様々。いったいどこでどんなことができるのか?自分1人で考えていてもなかなか先に進めません。

では、どんな方法で就職や転職活動を進めていったらいいのでしょうか。
ハローワークに行って相談しますか?それも1つの方法だと思います。
ですが、それだけで決めてしまうのはちょっと待ってください。
ハローワークにはない求人情報もあること、ご存じですか?

このサイトでは、そんなあなたに非公開の求人情報を提供するとともに、介護業界への就職・転職の仕方、面接のアドバイスまでサポートしてくれるパートナーを紹介します。

ホームヘルパーの募集

ホームヘルパー求人はどの都道府県を見ても絶えず募集はあります。

ですが、施設や事務所などにより給金はもちろんの事、働き方や仕事の内容は大分異なります。

例えば通常の介護施設であれば、(基本)早番、遅番、日勤、夜勤などのローテーションで働きますが、訪問登録ヘルパーの場合は毎週1日だけ。週3回1時間だけ。というような自分の都合に合わせて働く事が出来ます。
(小さい事務所だと仕事数が無くうまく自分の都合と合わない事もありますが、その場合は他の事務所にも登録しておくという手もあります。)

登録ヘルパーの良い点は小さいお子さんがいても(事務所にもよりますが)それを前提に働けるという所です。

お子さんの体調の変化や、行事などでなかなか休める仕事はありませんが、それでも良いので仕事をしてほしいという所もありますので、諦めず問い合わせてみましょう。

又、ホームヘルパー求人にて都道府県別に感じる事と言えば、まずお給料と募集数です。

どちらも都会であるほど多いのです。その点も視野に入れ納得のいく職場を探してみてはいかがでしょうか。

パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。
せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。

先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。

簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

ページの先頭へ