和歌山県訪問入浴 | 介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

介護職運転免許なし求人

こんな疑問・質問が多いです!

介護職に運転免許は必要ですか?
30代のアラフォーの独身女性です。
高齢者がすきなことから、介護職に興味を持っています。
求人をみると、普通運転免許が必要と書かれたものを見かけます。
応募するなら夜勤がある有料老人ホームや特養などを考えていますが、このような施設でも普通運転免許は必要なのでしょうか。
運転が得意じゃないので、ご利用者を乗せたりしたくはありません。
介護職の経験があるみなさんから運転免許が必要かどうかを聞きたいです。よろしくお願いします。

運転免許を持っていない私でも働ける?
今日、求人誌を見て某大手人材派遣会社が経営するデイサービスに応募の問い合わせをしました。
求人票には必要な資格の欄に何も書かれておらず、運転免許を持っていない私でも働けると思い連絡した次第です。
しかし返ってきた返事は、「求人票には何も書かれていませんが、男性の場合、運転免許を持っていて送迎が出来る人でなければ応募はできません」というものでした。
女性ならば免許がなくてもOKだと。
私は経験がトータルで4年近くありますが、それも全く関係なく、完全な門前払いでした。
専門に運転手を雇えるデイなど非常に限られていることは百も承知です。
しかし、ならば求人票に「要普通免許」と一言書けば済む話ではないでしょうか。
また、男性の場合免許がなければ駄目で、女性はなくても平気とは、男女雇用機会均等法という観点からもおかしくないですか?
4年もデイで働いてきた経験が全く何の意味も為さないというのも驚きました。
運転免許は必要、しかし介護の資格(その事業所はヘルパー2級さえ必要なし)や経験は必要ない、これでは完全な「運転手」ではないですか。
このところそういったデイが増えているように思いますが、こんな状態で果たしていいのでしょうか?

他にも運転免許に関する疑問・質問が多く寄せられています。
回答から申し上げると「運転免許」の有無は関係ありません。
運転免許を持っていても、他人を乗せるのは不安がある方も大勢います。
そして、運転免許が無くても介護のお仕事は他に沢山ありますから安心してください。
あなたの疑問・質問をお話して下さい。
人気の介護施設は求人掲載後すぐに定員に達してしまいます。
そこで、おすすめしたいのが『介護職運転免許なし求人』で非公開の介護施設の求人募集を探す方法です!

カイゴジョブ申込み

和歌山県 介護の取り組み

和歌山県介護の具体的な取組内容(参入促進)

介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

福祉職場や若手職員の声を紹介するイメージアップ冊子を作成し、県外の大学・専門学校や、県内の高校に配布【基金】

⇒年間50人の参入促進

高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

保護者に対する福祉の仕事の理解を促進するため、保護者向けガイドブックを作成・配布し、学生が進度選択するための後押しをする【基金】

⇒年間10人の参入促進

中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

高齢者が自信の持つ知識や経験、技能を講師(有償ボランティア)として社会に還元することをサポートするため、シニア活躍拠点を設置し、ボランティアの募集・登録やニーズとのマッチングを実施【基金】

その他の「参入促進」の取組

○就職を希望する高校生を対象に、介護職員初任者研修を取得させる。【基金】
○潜在的有資格者で、情報提供希望者に求職情報等提供。また、最新の介護技術や制度など再就職を支援する研修会を開催。【基金】
○介護分野の仕事に関心のある人に、実際に介護の職場体験の機会を提供。

⇒●年間40人の参入促進
●年間10人の参入促進
●年間10人の参入促進

高齢者が住みなれた地域で自立して暮らすことのできるまちづくり

高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らしていくためには、介護や支援が必要になった時にも安心して生活を送ることができるよう、必要とするサービスを円滑に利用できる環境を整備していくことが必要です。

本県においては、地域包括ケアの推進を図るための拠点の一つとして、地域包括支援センターを設置しています。地域包括支援センターは、高齢者が住み慣れた地域で、その人らしい生活が送れるよう支援するために、介護保険、介護予防サービスをはじめ、保健・医療・福祉・権利擁護等、様々な支援を他機関と連携しながら、包括的・継続的に提供を行い、総合的なケア体制づくりを推進しています。

高齢化の進展に伴って、認知症高齢者が増加することが予測されており、認知症対策については国や県の動向を踏まえながらの事業展開が重要となります。

また、支援が必要な高齢者が安心して地域で生活を送るためには、公的なサービス提供だけではなく、より身近な地域住民の声かけや見守り等による互助が鍵となるため、隣近所の付き合いや住民同士の支え合い等のネットワーク化の促進がさらに重要となります。

高齢者の総合相談窓口としての機能を果たす地域包括支援センターをはじめとする公的サービス機関と、民生委員・児童委員、インフォーマル資源としての自治会や老人クラブ、ボランティア団体等が重層的につながることで、地域での生活に高齢者がより安心感を抱けるよう、対応を図っていくことが求められています。

多くの介護施設で転職求人の募集があります

有料老人ホーム・デイサービス・グループホームなど介護の現場では、深刻な人材不足が続いているためにかなりの売り手市場だと言われています。

介護施設への転職をお探しであれば、ご希望の条件で転職できる可能性が高いです。

以下の様な希望はありませんか?

◆今よりお給料のいいところに転職したい。

◆子供が小さいので残業のない職場に転職したい。

◆年間休日の多い大手企業に転職したい。

◆託児所完備の施設で子供を預けながら安心して働きたい。

◆車通勤OKの介護施設で働きたい。

◆資格やスキルを十分に評価してくれる職場に転職したい。

◆自宅から近いエリアで働きたい。

◆社内研修のしっかりした施設で経験を積みたい。

◆正社員として働きたい。

◆将来が展望できるしっかりした会社に転職したい。

◆施設は未経験だけど在宅の経験を活かして転職したい。

◆人間関係が良好でアットホームな職場で働きたい。

◆新規オープンの施設でオープニングスタッフとして働きたい。

◆夜勤手当などの手当が充実している可医者に転職したい。

◆新規オープンの施設でオープニングスタッフとして働きたい。

◆転職支援金がもらえると転職しやすくなる。

そのほかにも、個別の事情やこまかい希望なども人それぞれにあると思いますので、ご希望の条件で転職できるよう求人情報を早めにチェックしてみてくださいね。

ハローワークには出てこない求人情報や、転職活動に役立つ最新情報なども入手できるのでオススメです。

高齢社会の時代に介護の現場で働いてみませんか?

今こそ高齢社会の時代に介護の現場で働いてみませんか?

日本の高齢化率は、2010年には、23.1%が65歳以上となり75歳以上が10%を超えています。

そう、約4人に1人が高齢者、その中で75歳以上が10人に1人いるわけです。

この高齢社会を支える仕事こそが、介護職です。

介護施設ではあなたを待っています。

介護の仕事は、身の回りのお世話することだけだと思っていませんか?

ただ大変な仕事としか思ってませんか?

しかし介護施設は、地域とのかかわりあいや、季節の行事などを積極的に行い、利用者だけでなく、自身も楽しむ場であります。

自分が、何年、何十年か先に入るかもしれない場所をみんなで力を合わせて、より良い場所にしましょう。

行事では、自分の特技を生かせることもあります。今の仕事にやりがいを感じていないあなたこそ、この仕事に生きがいを求めてみませんか?

自分にはどの介護の仕事が向いている?

未経験から介護業界で働きたいと思った時、最初に考えるのが「自分に合った仕事探し」ではないでしょうか。


介護と一口に言っても幅広いですし、どの仕事があなたに合っているかは分かりません。しかし職場に関する情報収集を積極的に行えば、興味を持てる仕事が出てきますよね。そのような仕事をいくつか候補にするだけでも、介護士パート求人探しも変わってくると思います。


「何となく介護士パートが出来ればいいか…」と何も考えずに仕事探しを行った場合、職場の知識なく入職することになりますから、結果的に「自分には合わない仕事だった」となてしまうリスクが高くなります。


もともと介護職は離職率が高いというデータもありますので、自分に向いているかどうか? は大切に考えて職探しをしたほうか゜いいと思います。


基本的な条件は共通していても、訪問介護、施設介護、通所介護それぞれに特徴がありますので、まずはこのページで情報収集して下さいね。


先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

ページの先頭へ